映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』



ms1




先日、今年3月公開の映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』の


試写会へお伺いしてきました。



〜STORY〜

強烈なリーダーシップで、沈みゆく英国を建てなおした“鉄の女”マーガレット・サッチャー。鉄壁のように揺るがぬ意志の向こうに、彼女はどんな涙を隠していたのか?そして、彼女を支え続けた夫の存在とは?信じるもののために力の限り闘い、傷つき、老いて戦場を去ろうとしているひとりの女性を描く感動の物語。



“『英国王のスピーチ』に続くオスカーに一番近い感涙の英国映画 ”


とTIME誌に称され、話題の作品。



1979年にイギリス初の女性首相となったマーガレット・サッチャー。


国を変えるために男社会の中で奮闘する彼女は「鉄の女」と呼ばれていましたが


そんな彼女も一人の「女性」。


表には出さない妻や母としての顔があり、


そして孤独と苦悩を抱えていた、そんな姿を見事に描ききっています。



マーガレット・サッチャーを演じるメリル・ストリープの演技はさすが。



マーガレットの青い衣装が彼女のトレードマークとして印象づけていますが


途中、衣装のカラーが変わることで彼女の心理描写も巧く演出されています。



現代社会を生きる私たち女性にも少なからず通ずる部分が感じられる作品。



ぜひ映画館で☆



【公開情報】

2012年3月16日 全国東宝系にて 全国ロードショー



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です