映画『戦火の馬』



110906_warhorse_main2

 




今日もこれから公開される映画のお話。


2012年3月公開のスティーブン・スピルバーグ監督作品


『戦火の馬』の試写会へ行ってきました。



~STORY~

第一次世界大戦下のイギリス。丘陵地帯に住む農家の少年アルバートは、農耕馬のジョーイと毎日を共にし、固い絆で結ばれていた。ところがジョーイは軍に徴用され、騎馬隊に売られてしまう。アルバートはジョーイを探すため、徴兵年齢に満たないにもかかわらず入隊。戦地フランスへと向かうのだが…。



主人公の少年と馬との「絆」を描いた感動作品。


主人公の少年アルバート役に抜擢されたのは無名の新人ジェレミー・アーヴァイン。


鑑賞後、パンフレットを見るまで新人とは思えないほどの演技力。



作品の中で、私が最も感心したのは「奇跡の馬」と呼ばれるジョーイの存在感。


「えっ?この馬はCGじゃないの?」と見まがうほどの演技。

(馬の場合、あれは演技と呼ぶのだろうか…。)



馬の目ってとても印象的だと思うのですが、作品の中でも


活き活きとしたジョーイの眼差しにくぎ付けになるシーンも。



ジョーイは戦争の最中、様々な人に出会うことになるのですが


全ての人との出会いが素敵な絆になり、感動のラスト…。



とにかく映画館で観てください!(DVDではもったいないです)




t0010508p



【公開情報】

2012年3月2日より 全国にて公開



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です