映画『ヒミズ』



rimg0036




昨年の話になりますが、今週末から公開の映画『ヒミズ』を観てきました。


~STORY~

ごく普通に生きることを願っていた祐一と、愛する人と守り守られ生きていくことを夢見る景子。ともに15歳の2人の日常が、ある事件をきっかけに絶望と狂気に満ちたものへと変わっていく様子を描く。


この映画は、ギャグ漫画『行け!稲中卓球部』で人気を博した古谷実氏

ギャグを封印して若者の心の暗部を浮き彫りにしたコミック『ヒミズ』を

冷たい熱帯魚』『恋の罪』の鬼才・園子温監督が実写化した作品。


主演は『パンドラの匣』の染谷将太と

「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」の二階堂ふみ。

染谷将太は『アントキノイノチ』(2011)、『東京公園』(2011)などに

出演している、昨年からブレイクしている俳優さん。

二階堂ふみは最近CMなどでも見かける注目の若手女優さん。


染谷将太&二階堂ふみコンビは、2011年・第64回ベネチア国際映画祭で

二人そろってマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞したのが

昨年末話題になりました。


出演されている役者さんも、かなりの豪華キャスト。

それぞれに、個性的なキャラクターを見事に演じ切っています。


その豪華キャストの中で若手二人の演技は

勢いがありながら物静かで何とも不思議なオーラを発していました。


パッと見た二人の印象はどちらかというとナチュラルな感じなのに

作品の中では、狂気的な部分を見事に演じていて迫力が凄いです。


15歳の不安定な心情と心の葛藤をリアルに描いた作品。

ぜひ劇場でご覧ください。


『ヒミズ』  2012年1月14日(土)新宿バルト9、シネクイント他全国ロードショー



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です