『アンチクロックワイズ・ワンダーランド』



rimg00531



先日、久しぶりにお芝居を観に行きました。


阿佐ヶ谷スパイダース 『アンチクロックワイズ・ワンダーランド』



私、大学生時代に演劇サークルに入っていたんです。


こういうと「どんな役をやったの?」とよく聞かれますが、制作という裏方でした。



最初はよく分からないまま台本を読んでいたような感じでしたが


何かをみんなで創り出す作業はとても楽しく、


私の人生の中でもとても貴重な体験でした。


今でもよく思い出話をしてしまいます。



その当時所属していたのが、現在、劇作家・演出家として有名な


長塚圭史氏が主宰する劇団だった(当時は「笑うバラ」という劇団でした)ので、


阿佐ヶ谷スパイダースのお芝居はほとんど観させていただいてます。



相変わらず理解力不足の私には少々難しいストーリーの時もありますが


「いかにも長塚氏らしい台本と演出だなぁ…」と昔を懐かしく思う時もあります。



今回のお芝居は長塚氏がロンドン留学を終えて、帰国後初の作品ということで


注目度もすごく、会場には有名な俳優さんや演出家の方もいらっしゃいました。


阿佐ヶ谷スパイダース自体も一年半の充電期間を経て


再スタート!という感じです。




今回の作品は出演の俳優陣も素晴らしく、とても見ごたえのある作品でした。


下北沢・本多劇場にて2010年2月14日まで上演ですので、


ご興味ある方は是非下北沢へ。


その前にチケット購入はこちら → 阿佐ヶ谷スパイダース


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です